ラッシュシャドーについて語ります

新しく新発売したラッシュシャドー

このカラーケースの何がすごいの??と思われる方もいらっしゃると思いますので

ここで紹介します。

エクステをデザインされる時に

どれだけのサイズを使用されますか?

3~4種類使用されるケースが多いと思いますが

そこにカラーをミックスしたら

カラーの色味が増える分、

さらにプレートの上にはたくさんのサイズが並ぶことになります

このラッシュシャドーは

このプレートに並ぶであろうサイズを

1ケースにまとめてしまおうと企画開発された商品です

今回のモデルの目元を仕上げるのに使用した

LASHSHADOW vintage pink 10~13mm

使用したプレートはこちらです。

これ、1つのケースから取り出したので

戻すのも1つのケースです。

そうなんです!!!

ケースの管理が本当に簡単なんです!

カラーケースの余ったサイズはどうされていますか?

あまり使わない色味だからと小さいケースで購入したり、

長さを奇数や偶数ばかりで飛び飛びに揃えたり

本当はお客様は『このサイズ』『この色味』が希望なのに

在庫の関係で『似たカラー』『近いサイズ』

サロン側の在庫の都合でデザインを固定して

決めつけてしまっていませんか?

ラッシュシャドーは使いやすい色

失敗しない色

ダサくならない組み合わせを考慮し

在庫管理がしやすく

捨て色のないカラーのみを

1ケースでデザインできるように

仕上げたパレットケースです

企画段階でたくさんの意見が飛び出しました

企画段階でたくさんの反省点が出ました

企画段階で『誰かのため』に商品を作りたいと

強く思いました

使っていただくと、少しでも今までのカラーと違うと

伝わるのかなって思います

ぜひ、1ケースだけでも使ってみてください。

このケースの優秀さに」感動していただける商品だと

自信を持ってお勧めできます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です